高齢者の乾燥肌の原因で多い「老人性乾皮症」を調べてみた

人間は年齢を重ねると細胞の代謝活動が悪くなるため、肌の新陳代謝が衰えてしまいます。
肌の新陳代謝が衰えると、ヒアルロン酸などの肌の潤いを維持するための肌成分が作られにくくなったり、皮脂の分泌量が減少して肌を乾燥から保護するためにバリア機能が維持できなくなったりするため、高齢者は乾燥肌になりやすいのです。

こうした加齢による細胞の代謝機能の低下が原因で起こる高齢者の乾燥肌は、医学的には『老人性乾皮症』とも呼ばれています。
老人性乾皮症による乾燥肌は、冬~春先の空気の乾燥している時期の特に起こりやすく、肌の乾燥によるかゆみの症状に悩まされやすいのが特徴です。

老人性乾皮症の症状は、すねや太もも、肩、横腹、腕などに特にあらわれやすく、肌が乾燥してひび割れたり、表面の皮膚の角質が剥がれて粉を吹いたような状態になったりするので、見た目にもあまりよくありません。
また、ひどくなると角質が完全に剥がれ落ちてあかぎれのような状態になって痛みが生じる場合もあります。

老人性乾皮症の改善には、乾燥肌のときと同様に保湿ケアを徹底することと肌の新陳代謝を促進する生活をすることが大切です。
たとえば、入浴の際には皮膚の代謝を促すために柔らかいタオルなどで表面の古い角質を優しく落とし、保湿成分が配合された入浴剤を入れたぬるめのお風呂にゆっくり浸かり、肌の新陳代謝を高めるのがオススメです。

お風呂あがりには、保湿クリームや人気の乾燥肌化粧水などを使用してしっかりと保湿し、肌に優しい肌着を着て眠るようにしましょう。
また、乾燥する時期には加湿器を使用して部屋の湿度を上げるなど、普段生活するお部屋が乾燥しないように心がけることも大切です。