ラップを買い間違えました…

ラップを切らしてしまって、慌てて買いに出ました。

おお、安いじゃんと最初に手に取ったものをなんとなく買って帰ったのですが…。

さて使ってみると、今までピッタリラップできていたはずの食器につけようとしても、すぐにハラリと浮いてきてしまうのです。

箱を見ると、やはり銘柄が違いました。

こういう毎日のように手にする日用品って、使い慣れたものが一番ですよね。

使い慣れないものはどうしても使いにくくて、しょっちゅうイライラさせられてしまいます。

だから安物買いの銭失いという言葉があるんだなあ…と思いながら、でも買ってしまったんだから仕方がないと新ラップと奮闘してみて、ラップ同士が丸まって強固にくっつき始めたのでふてくされています。